競輪がもっと楽しくなる用語集

今回は競輪を見る上で覚えておきたい用語の解説をしたいと思います。実況や解説でもよく出てくる用語になるのでしっかり抑えて競輪を楽しみましょう。

競輪用語

青板周回
レースが残り3周を選手に知らせる表示板の事。背景が青地であることからきている。
残り3周目を青板周回と呼びます。

赤板周回
レースが残り2周を選手に知らせる表示板の事。
背景が赤地であることからきている。
残り2周目を赤板周回と呼びます。

上がりタイム
レースの最終周回のバックラインを超えてからゴールまでの残り半周のタイムになります。
選手の戦法によりタイムは異なってきます。

一列棒状
レース中に選手が一列に並んだ状態の事です。

イン粘り
後方選手が上昇し、先頭の選手を交わそうとするがその先頭の選手が引かずに先頭で粘る事です。

イン切り
後方の選手が上昇して先頭のラインの前に入り、その動きを封じる戦法です。

抑え先行
後方から自分より前にいる他のラインの先行タイプの選手の所まで上がってきて抑えて、自分がゴールまで逃げ切れるというところで駆け出す戦法です。

勝てれば競輪はもっと面白くなる!

カント
それぞれの競輪場にあるバンクの傾斜角の事。
これがそれぞれのバンクの特性になります。

カマシ
先行選手の戦法の一つ。
他の選手がスピードを上げないうちに一気に踏み込んで先行し、ゴールを狙う奇襲作戦の事です。

かかり
スピードに乗っている状態の事。

競走得点
レースの格と着順によって選手に与えられる得点。
競走得点は選手の近況を知ることが出来ます。

決まり手
1着2着に入った選手取った戦法。
逃げ、差し、捲り、マークの4種類があります。

機動力
逃げや捲りなど自力で勝負出来ること。

ギヤ倍数
自転車の大小のギヤの比率。
ギヤ倍数を大きくすると踏み込むのに力が入ります。
ギヤ倍数が小さいと踏み込む力は入りませんが進む距離は短くなります。

KEIRINグランプリ
年末に行われる、競輪界一の大きなレースと競輪界一の最高峰のレースになります。

口が開く
勝負所で前走車に着いていけず、車間が開き気味になる事。

欠場
出走予定の選手が怪我や病気などで出走できない事。

細切れ戦
通常2つや3つラインができるのですが、それ以上のラインができるレース。

500バンク
1周500メートルのバンクの総称。

最終バック
最終周回のバックストレッチの事。

差し
ゴール直前で前車の選手を追い抜く事。

サンサンバンク
1周333メートルのバンクの総称。

3連複
1着から3着までを順不同で当てる賭け式の事。

3連単
1着から3着までを車番と順位も当てる賭け式の事。

車間を切る
前の選手と車間を開ける事。

自在
レースの展開やメンバーに応じて、逃げや捲り、追い込みと使いこなす選手や戦法。

打鐘(ジャン)
残り1周半で打ち鳴らされる鐘の事。
ここからレースが動き出します。

スジ
ラインで1着、2着で決まる事。

末脚
先行選手のゴール前での粘りの事。

スリット写真
着順判定用に撮影された特殊な写真の事。

スジ違い
違うラインで1着2着に入る事。

競り
先行選手の後方を巡って2人の選手が競り合う事。

戦法
それぞれの選手が得意とする戦い方。
逃げ、捲り、差し、自在など。

前検
開催日前日に行われる、選手の身体検査や自転車の検査の事。
前日検査の略です。

先頭誘導員
先頭固定競走で、周回中選手の前を走るレースを誘導する人。

先行1車
レースの中で、先行選手が一人しかいないレースの事。

先行
ラインの先頭に立って逃げたり、捲ったりすること。

単騎
ラインに入らずに一人で走行する事。

タテ脚
前に進む力。
伸び脚のこと、追い込み選手に使われることが多い。

着差
ゴールしてからのその前の着順の選手との差。

地脚型
長い距離を風圧を受けながら走行できるが、ダッシュ力の弱い選手のこと。先行選手に多いです。

チャレンジレース
F 2戦でA級3班によるトーナメント戦の事。
7車だてで実施される。

突っ張る
後方から上がってきた選手に前を譲らずに先頭をキープすること。
その選手が先行すると 突っ張り先行と言う。

徹底先行
先行に特化した選手。
捲りは行わない。
先行を信条とする選手。

飛びつき
後方位置から上がってくる選手を待ち、タイミングを合わせてそのラインの番手の選手をどけて番手に収まる事。

特昇
期の途中であっても以下の条件を満たすと特別に階級が上がると言う特別ルール。
A級1、2班は3連続優勝するとS級2班に昇格
A級3班は3連続優勝するとA級2班に昇格

特別競輪
グレード制施行前は今のG1に相当するレースを特別競輪と呼んでいた。
現在はGP、G1、 G2を総称して特別競輪と呼ぶ事が多い。

並び
レースでのラインの選手の並ぶ順番。

逃げ
先頭に立ってそのままゴールを目指す戦法

2分戦
レースでラインが2つに分かれるレース。

発走機
スタートする際に選手が自転車を固定する台。
号砲がなるまではスタートできないようになっています。

番手
ラインの2番目に走っている選手の事

番手捲り
先頭の選手を捨てて番手の選手が捲り。

バック数
最終周回のバックストレッチラインを先頭で到達した回数の事。
出走表ではBで表示されるので、この回数が多い選手は先行意識が高い選手。

張る
レース中に車体を外側に出して後方から来る選手の勢いを止める事。

バックを踏む
競輪選手が使う自転車にはブレーキが無く、ペダルを逆に回転させるとスピードが落ちブレーキを踏んだようになる。

バックを取る
最終周回のバックストレッチラインを先頭で通過する事。

バンク
自転車競技のトラックのこと。

番組
あっせんされた選手の競走ごとの対戦選手を組み合わせ、車番を決定すること。
JKAの番組編成委員が編成する。

バンクレコード
各競輪場の上がりタイムの最高記録の事。

バックストレッチライン
バックストレッチ場の決勝線からちょうど半周の場所に引いてある線ここを先頭で通過するとバック数が加算されます。

ハンドルを投げる
ゴール直前に腕を伸ばし、自転車に最後のひと伸びをさせる事。

ハコサン
ゴール前の直線を先頭でやってきたラインの番手の選手が3着にしか入れなかった事。

ハコ
番手の事。

B
出走表にBの回数が書いているが、これはバック回数で、その選手がどれだけバック回数を 取ったかという事が記載されている。

微差
着差の単位。
着差がタイヤ未満の場合に用いる。

踏み出し
スパートをするためにペダルを一気に踏み込む事。

蓋をする
後ろから上昇してきた選手が前方の選手の横に並び、前に出れないようにすること。

並走
2名以上の選手が横並びで走る事。

ペース駆け
先行選手が自分のペースで先行する事。

ホームバンク
各選手が普段練習で使っている競輪場。

ホームストレッチ
4コーナーと1コーナーの間の直線部分。

本線
そのレースで一番有力なラインの事。

本命
そのレースで一番有力視されている選手の事。

捲り追い込み
追い込みと捲りの中間の戦法

捲り
別ラインから、前の先行選手を一気に勢いをつけて追い抜いていく戦法。

前受け
ラインとして目標とする選手がいない場合など、先頭誘導員の直後の位置でレースを運び、展開などで有利な位置を取ろうとする先方の事。

前々
レース中に前団に位置し、チャンスがあれば他のラインに割り込むなどして有利な位置を獲得する作戦のこと。

マーク
追い込み選手や先行選手の番手につき、そのままラインで決める戦法。2着の決まり手がマークで表示される。

万車券
100倍を超える配当の車券の事。

ミッドナイト競輪
ナイター競輪が終わった後の20時30頃から始まる競輪の事。
最終レースは23時過ぎまでやっている。
レース間隔は通常のレースより短くなっています。

モーニング競輪
1レースが9時頃から行われる競輪の事。

もがく
全力疾走する事。

もがき合い
先行選手同士が全力疾走しながら並走する事。

四分戦
レースで4つのラインができるレースの事。

ヨーロッパ
9車だてのレースの車番が4、5、6番の3選手をまとめて表現する時にヨーロッパと呼ばれる。

400バンク
1周が400メートルのバンクの事。

落車
身体及び自転車が倒れる事。

ライン
競輪の戦法の一つ2人以上でチームを組む事。
競輪の序盤はライン戦になる。

レーサー
選手がレースで使用する自転車の事。
フレームはオーダーメイドでそれぞれの選手用に製作されている。

F1
S級シリーズ、S級とA級1、2班の選手が出場する開催。
S級とA級が一緒に走る事はありません。

F2
A級選手のみで行われる開催です。1年を通じて最も開催が多いです。

まとめ

いかがだったでしょうか。
今回は競輪用語についてお伝えいたしましたが、これで明日からは用語はバッチリだと思います。
今以上に競輪が楽しめると思いますので、思いっきり競輪を楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

アップロードできる画像は、JPEG・JPG・GIF・PNG形式です。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)