脇本雄太選手と新田雄大選手の紹介

今回は今競輪界で注目されている二人をご紹介したいと思います。
脇本雄太選手と新田雄大選手の二人について詳しくご紹介していきたいと思います。
是非最後までお付き合いお願いします。

なぜ今競輪界から2人が注目されているか

今回ご紹介していく選手は、脇本選手と新田選手なのですが、なぜ今この2人が注目されているのでしょうか。
今年行われる東京オリンピック自転車競技の日本代表選手なのです。
去年のケイリン GPにも出場した2人ですがナショナルチームとしても活躍しています。
今回はそんなお二人の選手について詳しくご紹介していきたいと思います。

脇本雄太

生年月日:1989/03/21
年齢:32歳
出身:福井県
身長:180.0cm
体重:80.0kg
所属:福井支部
期別:94期
主要勝利レース
平成17年度国体1kmT.T第1位
平成18年度国体1kmT.T第1位
2014年第34回アジア自転車競技選手権カザフスタン・アスタナ男子エリートケイリン優勝
オールスター競輪 2018
寛仁親王牌 2018 2020
ウィナーズカップ 2019
日本選手権競輪 2019
高松宮記念杯競輪 2020

弟も競輪選手

脇本選手は5人兄弟の3番目に生まれました。
その下の弟の脇本勇希さんも競輪選手として活躍しています。

脇本雄太なかなか取れないタイトル

今や脇本雄太選手と言えばオリンピック代表で、グレードレースに出ても人気をする選手ですが、タイトルがなかなか取れずと言う時代がありました。
一番初めにタイトルを獲得したのが、2018年のオールスター競輪でようやく初タイトルを獲得しました。
それまでは決勝戦に出ても負けてしまうというレースが何回も続いた。
2010年初のG1決勝戦に進出してから8年かけてようやくビックタイトルを手に入れた。
それまでにG1の決勝戦には14度進んで一度もタイトルを取れずと言うのはどの選手を見ても最多の回数になります。

新田雄大選手

生年月日:1986/01/25
出身:福島県
年齢:35歳
身長:173cm
体重:87kg
所属:福島支部
期別:90期
主要勝利レース
アジア競技大会 チームスプリント 2006
日本の旗 日本選手権
1km TT 2005、2007-2008、2010
チームスプリント 2008、2010-2011
ケイリン 2011
スプリント 2011
SSカップみのり 2010
日本選手権 2015
オールスター 2015 2019
高松宮記念杯 2016 2017
競輪祭 2017
全日本選抜 2018
共同通信社杯 2014
サマーナイトフェスティバル 2017

選手を目指したきっかけ

新田雄大選手が自転車の選手を目指すようになったのは小学4年生の頃友達から当時流行っていたマウンテンバイクのレースに出ようと誘われたのがきっかけです。
そこで自転車競技の楽しみを知り、自転車の選手を目指すようになったようです。
小学生の卒業文集にはすでに将来の夢で競輪選手になりたいと書いてたみたいです。

新田祐大選手デビュー戦

2005年7月15日函館競輪F2メダリストプランニング杯5RのA級予選でデビュー戦で尚且つ初勝利を挙げている。
新田祐大選手以外は30代を超えているベテラン選手ばかり。
人気は新田祐大選手に偏っており番手となる石垣剛選手もマーク屋で勝率も高く、この二人が中心に投票されていた。
レース結果は新田祐大選手が捲りを披露し1着。3連単オッズも100倍を超える荒れたレースの立役者となった。

グレードレース初優勝

2019年8月18日名古屋競輪G1オールスター競輪で優勝を果たしている。
当時のケイリンで世界1位に輝いている新田祐大選手はもちろん人気No.1。4車ラインで挑むため準備は万端。

あとは前を走る菅田壱道選手がどれだけ引っ張れるかにかかっている。
ライン3番手の渡邉一成選手には注意だ。
対抗はS班の平原康多選手一択だろう。

北日本ラインを飲み込むほどの捲りを持っているためラインで対抗したいレースは菅田壱道選手は残り2周から頭を張る。
しかし第2コーナー付近で平原康多選手が猛攻を仕掛け一気に北日本ラインを飲み込み、合わせて番手から新田祐大選手は前に出る。
1度は平原康多選手に前を取られそうになるがそこはさすがの新田祐大選手。
青板ではしっかりと差をつけて1着。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今年の東京オリンピックはまだ開催されるかどうかはわからないのですが、開催されればテレビで是非この二人の選手の試合を見てみたいですね。
競輪では異次元のスピードで捲るレースが多い2人の選手ですが、東京オリンピックではメダルを取ってくれる事を願いたいですね。
皆さんも東京オリンピックでは二人の選手のレースを見てみて下さい。
そして競輪場では生の選手を見ていただければと思います。

ではまた注目の選手がいればご紹介していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

アップロードできる画像は、JPEG・JPG・GIF・PNG形式です。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)