競輪の戦法

競輪コラム

競輪の戦法にはどういったものがあるのでしょうか。

なんとな~く見ていた方
これから競輪やりたいけどよくわからない方
そして競輪は長年やっているけどもう一度復習の意味を込めてと言う方

どんな方でもわかりやすくご説明したいと思いますので読み終わったら明日から競輪場で叫んでしまうかも知れませんね。

競輪選手の脚質

まずは、選手の脚質からお話していかないといけないと思いますので、ご説明したいと思います。

選手はただレースの展開で逃げたり、差したりしているわけではないのです。
ちゃんと自分の脚質の事を知った上でレースを選手なりに考えた組み立てたいるのです。
長い距離を走れる選手や、短い距離だけどトップスピードにのるのが早い選手など色々な脚質の選手がいますので、次はそんな脚質についてお話ししていきます。

地脚タイプ

地脚タイプとは長い距離を自分の力で長く走れる選手の事を言います。
戦法としては逃げが多く、出走表には逃げの表記が多いのが、地脚タイプになっています。
スプリンターとは逆で一瞬のスピードは地脚タイプの選手にはないです。

スプリンタータイプ

スプリンタータイプとは短い距離を一気にスパート出来る選手選手の事を言います。
戦法は捲りが多く長い距離を走る事が難しいので、捲るタイミングなどを見て発進していくタイプで出走表の表記は捲りが多くなっています。

追い込みタイプ

追い込みタイプの選手は、ラインの2番手を走る事が多くあり、地脚やスプリンタータイプ両方の脚質の選手がいます。
レース途中は前の選手の後ろを走り、風圧を減らして最後にフルダッシュでトップに立つ戦法です。

先行タイプ

先行の先方についていくつかありますので、今度はその辺りをご紹介したいと思います。
逃げでもいくつかタイプがあるのですが、どんなタイプがあるのでしょうか見ていきましょう。
競輪の予想において、先行選手の見極めは予想の軸になりますのでしっかり抑えておきましょう。
そして、先行は思いっきり風を受けるので、スタミナを消費しやすいので、かけるタイミングが大事になってきます。

抑え先行

抑え先行とは、後方から先頭の選手に付けて自分が逃げきれそうなタイミングで、思い切ってかけていく先行の戦法になります。

つっぱり先行

つっぱり先行とは一度先頭に立ってから、後方の選手が出てこようとした時に一緒に踏んで、出てこようとした選手を出させずに、そのまま逃げ切ってしまう先行の事を言います。

かまし先行

かまし先行とは、後方から一気に捲りのように先頭の選手がスピードが上がらないうちに抜かし先頭に立って逃げる戦法をかまし先行と言います。

その他の戦法

では、先行の戦法が分かっていただけたと思いますので、次にその他の戦法をご紹介していきたいとおもいます。

差し

差しとは、最後の直線で先頭の選手を追い抜いて勝つ戦法の事を言います。
よくあるのは逃げての先行選手や、捲りの選手に乗ってやってくる番手の選手が使う事が多い戦法です。

捲り

捲りとは、最後に後方から一気に全ての選手を抜いて、先頭に立ちゴールする戦法の事を言います。
よく使うのはスプリンタータイプの選手が、先行選手の疲れた隙をついて使うのが多い戦法ですし、競輪では決まりやすい戦法でもあります。
しかし、先行選手の番手の選手がうまければ捲り不発になる事もあります。

まとめ

競輪の戦法について今回ご紹介しましたが、おわかりいただけましたでしょうか。
選手によって走れる距離も違いますし、トップスピードになるまでの時間も違うので選手によってもそうですし、レースの展開によっても変わってくるので、そのレースの出走表に決まり手などの記載があるのでそこを参考に展開予想すればおのずと見えてくるレースもあると思います。
選手の戦法を予想してレース展開を予想すると、的中率も上がると思いますので、是非参考にして下さい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

アップロードできる画像は、JPEG・JPG・GIF・PNG形式です。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)