元スポーツ選手だった競輪選手

競輪選手の多くは、高校や大学などで自転車競技をしていて、その延長で競輪学校に入学 し、卒業しプロの競輪選手になる選手がほとんどです。

しかし、中にはオリンピック選手から競輪選手に転身や、プロのスポーツ選手から競輪選手に転身した選手は何名かおられます ので、今回はその選手をご紹介していきたいと思います。

オリンピック選手から競輪界のトップに

元々オリンピックに出場した選手が競輪選手に転身して、今も頑張ってる選手もおられます。
有名な所でいくと、武田豊樹選手なんかは競輪ファンの中でも有名な選手だと思います。

元々はスピードスケートの選手で、スピードスケートで有名な清水宏保選手よりスケー トの成績は優秀だったみたいですが、成績が伸び悩み競輪学校に入学するためにスピードスケートを辞めて競輪学校受験をしたが、不合格。

そして仕事で訪れた成田空港でたまたま清水選手と再開し、一緒に練習した事でスケートへの想いが蘇り、その後は成績 が向上し2000年と2001年のW杯では優勝。

そして2002年のソルトレイクオリンピック代表に選ばれます。
オリンピックでのメダルは取れませんでしたが、そこから競輪学校の入学資格が29歳まで引き上げられたのを機に入学。

そして競輪選手になってからは皆さんのご存じの通りG1や年末のグランプリなどで勝利し、競輪界の頂点のS級S班でも活躍するなど輝かしい成績を収められています。

プロ野球選手から競輪選手に転身

オリンピック選手から競輪選手に転身した武田選手を先程はご紹介しましたが、次はプロのスポーツ選手から競輪選手に転身した選手をご紹介したいと思います。

選手名は”松谷秀幸選手”。

現在も競輪選手として活躍されています。
経歴としては、高校時代から野球部のエースとして活躍されて、2000年のドラフトで東京ヤクルトスワローズからドラフト3位で入団しました。
ファームでは15試合程投げて、将来のエース候補として期待されましたが、怪我に泣かされ選手時代は3度の手術を行い、2005年には34試合登板して今からかと期待されましたが、また故障してしまいそのまま2006年に戦力外通告を受けてしまいます。

退団後はサラリーマンとして働きますが、生活が肌に合わず、横浜ベイスターズの野村コーチと親交があった、佐々木龍也に弟子入りをします。
そこから競輪学校に入学し、プロの競輪選手としてデビューします。

2011年にはS級に上がり、2013年6月の小田原競輪で初優勝を果たします。2017年9月のG2の共同通信社杯の決勝に出ますが4着という成績で現在も現役でS級で頑張られています。
元プロ野球選手でG3を制したのは松谷選手が初めてになります。

まだいる元オリンピック選手やプロの選手

先程ご紹介した2名以外にも、オリンピック選手やプロスポーツ選手がおられますので、少しずつですがご紹介したいと思います。

【2020年2月現在】
西谷岳文
元スピードスケート選手 現在S級2班

伊代野貴照
元阪神タイガース(投手)  現在S級2班

河野淳吾
元Jリーガー 現在A級2班

今村俊雄
元ウエイトリフティング選手 現在A級2班

岡村育子 
元ホッケー選手 現在L級1班

尾崎睦
元ビーチバレー選手 現在L級1班

兵動秀治
元プロ野球選手 現在A級3班

西谷選手も元々オリンピックのショートトラックの選手で、長野オリンピックで金メダルも獲得しています。
G3以上ではまだ優勝はありませんが F1戦などでは優勝もあり、現在もS級選手として活躍されています。

伊代野選手は元々プロ野球の阪神タイガースのピッチャーでしたが、なかなかプロではいい成績は残せず、その後に台湾リーグや独立リーグなど渡り歩いて、独立リーグではリーグの優勝には貢献しましたが、シーズン終了後にプロ野球に戻るために独立リーグを退団します。
そして、トライアウトを受けますが、どの球団からも声はかからず、現役引退を迎えるのです。
その後競輪界に入ってくるのですが、競輪では着実に成長していき現在はS級2班まで登り詰めました。
まだ大きなレースなどでは優勝はありませんが、今後に期待したいですね。

河野淳吾選手も元はJリーガーでセンターバックで色々なチームに在籍されましたが、なかなか自分自身のプレーが出来ず最後は怪我で現役を引退されています。
その後競輪選手を目指し、競輪選手としてデビューされています。
まだS級に上がった事はないですが、A級で頑張られていますので、いつかS級で頑張って欲しい選手の一人です。

まとめ

やはり、元々プロのスポーツ選手やオリンピック選手などは、運動神経がいいんでしょうね。

競輪界の中でもトップクラスの選手もいれば、なんとか頑張れてる選手もいるようなので、競輪選手になってからも厳しい世界なんだと感じます。
怪我などで、競輪選手に転向される方が多いですが、プロの世界にも合う合わないというものもあるかと思います。

今後、競輪の見方が少しでも変われば嬉しい限りです。

«執筆:マルオ»

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

アップロードできる画像は、JPEG・JPG・GIF・PNG形式です。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)