過去あった競輪場と現在

過去あった競輪場と現在

現在競輪場は日本全国にあり日々競輪が開催されていますが、今回は昔あった競輪場やその場所は今どうなっているのかという事をお話ししていきたいと思います。

以前記事にはしましたが、競輪は1948年から行われています。
戦後すぐに始まった競輪ですが、どのような競輪場がありどのように廃止になって今はどうなっているのか。
紐解いていきましょう。

現在の競輪場の数

まず現在の競輪場は日本全国に43の競輪場があり、今も運営が行われています。

北は北海道から南は大分まで競輪場があります。
長野県と沖縄県には公営競技全てがありません。※場外発売所もありません。

では次に廃止された競輪場を見ていきましょう。今は廃止された競輪場では今までに廃止された競輪場はどれくらいあるのでしょうか、
全国で20場にも及びます。

無くなった経緯も様々なようです。
では以前あった競輪場を一つづつご紹介していきましょう。

札幌競輪場

開始時期1950年
廃止時期1960年
廃止理由: 近隣の風紀や教育環境への影響を懸念する声が高まり、競輪場廃止に追い込まれた。

現在:月寒屋外競技場

会津競輪場

開始時期1950年
廃止時期1960年休止
廃止理由:会津若松城内に競輪場があり、5年の使用期限が満了となり、2年間の延長を市側が申し入れ承諾されるがその後の移転先が見つからず1956年11月の開催を最後に休止に追い込まれる。
その後移転先が決まり移転するが、以前から県側は移転に反対だったようで市側も後手の姿勢で双方から競輪場廃止への機運が高まり、その後話し合いで、1963年まで開催する事を同意しましたが、1963年を最後に廃止されました。

現在:鶴ヶ城体育館

後楽園競輪場

開始時期1949年
廃止時期1972年休止
廃止理由:1967年に当時の都知事、美濃部亮吉が東京都営のギャンブルを全面廃止する方針を固め1972年10月のレースを最後に競輪場が廃止されました。

現在:東京ドーム

松本競輪場

開始時期1949年
廃止時期1951年
廃止理由:1950年松本市役所に「観光競輪課」という部署が設けられたが、開始当初から赤字が続き次第に経営がなりたたくなり、1951年11月の開催を最後に廃止になりました。

現在:市立開明小学校

花月園競輪場

開始時期1950年
廃止時期2010年
廃止理由:平成に入ってから売り上げが落ち込み、2009年に委員会が設置されて廃止か存続かの検討が行われた。
その結果赤字が数十億になり、しかも立地的要因から黒字にはならないと判断され廃止に追い込まれました。

現在:施設は残存しており跡地について検討中。

一宮競輪場

開始時期1950年
廃止時期2014年
廃止理由:売り上げ減少に歯止めがかからず、経費の増加も予想されていたので、一宮市長が廃止を発表した。
廃止後送路などは存続して自転車競技場として使われているが、後々は全て廃止される予定です。

現在:2014年度は他場の場外発売所として運営。その後はサテライト化を目指す予定。

大津びわこ競輪場

開始時期1950年
廃止時期2011年
廃止理由:大津びわこ競輪は毎年行われる、高松宮記念杯で補填を行なっていたが、2004年から年間収支が連続で赤字になり負債は18億まで膨れ上がり、2011年3月11日から「びわこファイナルカップ」を開催したが3月11日に東日本大震災の影響を受けて2日目以降は開催されずそのまま閉場となりました。

現在:解体工事に着手しており、商業施設と公園などになる予定。

宝ヶ池競輪場

開始時期1949年
廃止時期1958年
廃止理由:経営は黒字であったが、市営によるギャンブル施設運営に対する異議が相次ぎ、当時の市長がギャンブルを廃止すると宣言し、1958年廃止が決定した。

現在:宝ヶ池公園

豊中競輪場

開始時期1950年
廃止時期1955年
廃止理由:鳴尾事件や後楽園競輪の事件により、当時の大阪府知事が大阪府営の競輪や競馬を中止すると宣言し、他にもあった府営の競輪場は府営の開催は中止するが府の所有する競輪場施設の提供中止は行わないとしたが、豊中競輪場だけはレクレーション施設に改装すると決定し、豊中競輪は閉場されました。

現在:服部緑地

大阪中央競輪場

開始時期1950年
廃止時期1962年
廃止理由:大阪競馬場と大阪中央競輪場が今の長居公園の中にありましたが、当時の競輪の人気は高かったのですが、競馬の人気は低く再開発が進められて、1962年に大阪中央競輪場は廃止されました。

現在:長居公園陸上競技場

住之江競輪場

開始時期1948年
廃止時期1964年
廃止理由:現在の住之江競輪のあった場所は住之江公園になっているがその道路を挟んで向かいには住之江競艇場があり、一時は競輪と競艇は共存していたが、次第に周辺住民からの苦情が上がり、住之江競輪は移設先を見つけぬまま1964年に完全に閉鎖されました。

現在:住之江公園

甲子園競輪場

開始時期1949年
廃止時期2002年
廃止理由: 近隣の風紀や教育環境への影響を懸念する声が高まり、競輪場廃止に追い込まれた。

現在:住宅街

西宮競輪場

開始時期1949年
廃止時期2002年
廃止理由: 近隣の風紀や教育環境への影響を懸念する声が高まり、競輪場廃止に追い込まれた。
1950年に起こった「鳴尾事件」がきっかけになっていると考えられています。

現在:阪急西宮ガーデンズ

神戸競輪場

開始時期1949年
廃止時期1961年
廃止理由:神戸競輪の利権は暴力団にあった為、市民からの廃止の陳情も絶えず1961年に廃止になりました。

現在:ノエビアスタジアム

明石競輪場

開始時期1950年
廃止時期1961年
廃止理由:県知事の廃止表明により、1961年3月に廃止になる。

現在:施設は既存で現役選手の練習場

松江競輪場

開始時期1950年
廃止時期1953年
廃止理由:赤字が膨らみ、その頃から廃止が検討されていた、その矢先1953年7月に八百長騒ぎが起きて、この事件を契機に競輪廃止の声が高まり、廃止の決定に至りました。

現在:松江市役所の一部

観音寺競輪場

開始時期1950年
廃止時期2012年
廃止理由:競輪開催の赤字が膨らみ、色々と回復させる為に頑張ったがなかなか収益を回復できず2011年9月に競輪事業の本場からの撤退を求める決議案を可決した。
2012年3月5日から7日間最後の本場開催が行われた、そして場外発売が終わる3月30日をもって閉場されました。

現在:施設は既存で現役選手の練習施設

門司競輪場

開始時期1950年
廃止時期2002年
廃止理由:1986年に小倉競輪場の1本化し門司競輪を廃止する案が検討されていたがバブル景気で売り上げが好転した為存続の方針が固められた。
しかしバブル景気が終わるとまた売り上げが赤字となり、再び小倉の1本化で話が進められた。
そして2001年に門司競輪の廃止が決定された。
最後の2002年3月31日に行われた最終レースでは吉岡稔真が先頭誘導員を務めました。

現在:場外車券場及び現役選手の練習場

福岡競輪場

開始時期1950年
廃止時期1962年
廃止理由:1955年に当時の河野一郎農林水産大臣が出した公営競技は土日開催に限るの通達や1953年に福岡競艇場ができた影響で、次第に陰りが見え始め1962年廃止に追い込まれた。

現在:貝塚公園

長崎競輪場

開始時期1949年
廃止時期1966年
廃止理由:戦後復興が進んだ事で、競輪場を存続する必要性が薄くなった為調査委員会を設置し、1963年に廃止が適切と判断され1966年に県側が存続を認めないと表明し廃止されました。

現在:現在は長崎市営ラグビー・サッカー場。

競輪場が廃止のきっかけになった事件

様々な競輪場が今まで廃止になってきましたが、その廃止になるきっかけになった事件があるのでご紹介していきたいと思います。

鳴尾事件

西宮競輪が廃止になった理由の一つに1950年に起こった鳴尾事件をご紹介したいと思います。
今では考えられない事件です。
どのような事件だったのでしょうか。

まず西宮競輪は他の競輪場と違い少し特殊な競輪場でした。
元々西宮競輪場は競輪だけ行う競輪場ではなく、当時あった西宮球場に走路を作り行われていた競輪場です。
当時西宮球場を本拠地にしていた阪急ブレーブスの人気が著しかよくなかったので、競輪を開催していた時の方が入場者が多かったみたいです。

そんな西宮競輪で起きた事件の発端は、1950年9月9日の第11レース。

実用車を使って行われた9車立てのレースで、そのレース本命視されていた選手がグランピングが緩んだので、レースをやり直したいと審判に申し入れがあったのですが、その選手はコースを外れてスパナで緩んだピンを締め直しレースに復帰しましたがその時点で観客からはかなりの怒号が飛び交っていたようです。

そしてレースは成立して怒号を上げていたファンが一斉に走路に侵入し、ファンが暴徒化しました。

そして警察と揉み合いになったり、近くにあった消防車をひっくり返して放火したり、現金を強奪したりとやりたい放題、警察は発砲して1名が死亡するという大きな事件になってしまいました。
これにより公営競技のイメージは悪くなりました。

まとめ

いかがだったでしょうか?

最近競輪を始めた方などはこんなに無くなった競輪場があるのかとビックリしますよね。
私もそんなに長くないので調べていて結構無くなった競輪場があることに驚きました。
そして無くなった理由が赤字に転落か周辺住民の反対などが多いのも少しビックリです。
昔はきちんと計画してから経営はしなかったんですかね。
今のご時世ならなかなかこれだけ赤字を出して廃止するとかは考えにくいと思います。

▼ 勝てない競輪、卒業しない? ▼
日本競輪投資会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

アップロードできる画像は、JPEG・JPG・GIF・PNG形式です。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)