競輪の難しさや魅力

競輪コラム

競輪の難しさや魅力

皆さんが普段競輪を観られていて車券を買う時に難しいと感じる事やこれが競輪の魅力と言うことが色々あると思いますが今回はそんな魅力や車券を買う時の難しさなどご紹介して更に競輪の魅力を知っていただければと思います。

競輪の難しい所

ではまず競輪の難しさをお伝えしたいと思います。
競輪をやった事ない方が始めに陥る事だと思います。
そしてよくわからないまま辞めた人もいると思います。
是非そんな人にもう一度読んでいただきたいです。では、いってみましょう。

仕組みがよくわからない

競輪を始めてよくわからないのはこの部分だと思います。
競輪を長年やってる方なら当たり前の事だと思いますが、競輪はラインを作り最後の半周は個人戦という戦いになるのですが、初心者の方はライン?となるでしょう。
まず意味がわからないのです。なのでなかなかやり続ける人が少ないのかもしれません。

人が走るので色々な事が絡み合う

競輪は他の公営競技と違い人が全てです。
自転車は使っていますが、人が漕ぐので人間関係が凄く絡み合う競技だと思います。
メンタル的なところや、先輩後輩そこまでは新聞にも書いていないですし、ネットの予想記事にも書いていません。
でも知っている人は知っている事もあります。その辺が曖昧ですが難しい部分です。

選手の特徴を知ってこそ

そして次に競輪選手の特徴を覚えるのが難しいです。
新聞にはある程度の事は書いていますが、コアな事は書いていません。
選手の脚質までは書いています。ではその選手が逃げの選手ならどれくらいの逃げを打つのか捲る選手ならどれくらいの捲りを打つのかなかなかなど
曖昧な所なので前レースなどを見て調べるしかありません。

競輪場が多く特徴が分かりづらい

競輪場も多くあり333バンク、400バンク、500バンクと3種類あり、カントの角度や風の特徴などがあり特徴を覚えるのが一苦労です。
そしてデイレースやナイターレースによっても特徴は変わってきます。

競輪の魅力

では次に競輪の魅力についてお話ししたいと思います。
先程は難しさをお話ししましたが、魅力はどんな所があるのでしょうか、いくつか紹介していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

仕組みに魅力

競輪が好きな人はこれが最大の魅力だと言う人もいるぐらいです。
競技の前半はチーム戦で後半は個人戦になります。
チームというのはあらかじめ決められたものではなく、同期や同県、先輩後輩でラインというものを組みます。

そして最後の残り半周ぐらいから個人戦になります。
予想方法はどのラインが最後いい位置とりをし、個人で勝てる位置にいるのかを予想すると大体いいところは狙えます。

それぞれの選手のドラマがある

選手それぞれにはドラマがありますし、選手それぞれの目標もそのレースにはあります。
新人で強い選手なら特別昇班を狙っている選手や、先輩と準優勝戦に出たいや個人的に優勝を狙っているなどなど色々あり、1レース1レースにドラマがあります。

配当妙味

車券を買う人はこれも凄い魅力だと思います。
今はコロナの影響で7車立てのレースが多いですが、9車立てレースだと結構な確率で万車券が出ます。
1〜4万ぐらいなら1日のレースで5、6本出たりもします。
競馬は頭数が多く当てづらく、競艇は艇数が少ないが配当は低いので、競輪は7車か9車なので配当妙味はあります。

確かな情報で着実に競輪で資産形成を >> コチラ!

まとめ

いかがだったでしょうか。
競輪は初心者には難しい部分もありますが、知ってしまえばそれが魅力に変わる事があります。
初めの方はなかなか分からない部分もあると思いますが、今はネットも発達してますので、調べれば情報はいくらでも出てきますので是非競輪の魅力をあ
なたでも見つけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

アップロードできる画像は、JPEG・JPG・GIF・PNG形式です。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)