競輪の車番4、6、8について

競輪コラム

競輪の車番4、6、8について

最近はコロナウイルスの影響により、まだまだ競輪場には足を運べない状況でネットで競輪を始めたという方も多いかと思います。

そんな競輪今はS級でも7車立てのレースがありますが基本は9車だてのレースが普通なのですが、今回は車番のお話をしたいと思います。

4、6、8についてお話ししていきますので最後までお付き合いお願い致します。

車番4、6、8てなに?

まずは最近始められた方も読んで頂けるように、基本からお話ししていきたいと思います。

競輪の基本は9車でのレースが基本になります。
そして各1〜9車までの車番がありますが、他に枠番と言うものがあります枠番は、1〜3番までが同じく枠番も1〜3枠になります。
残りの枠番が、2名づつになります。
競走得点の高い選手が1番〜3番に入ります。
では4、6、8番車の選手はどのような選手が入るのでしょうか。
次でご説明いたします。

車番4、6、8にはどのような選手が入るのか

先程ご説明した枠番が各2名になる車番なので、ここにまた競走得点の高い選手を入れると、枠単や枠福の4〜6がかなり売れるので平等性を保つ為に競走得点の低い選手を入れるようにしているみたいです。

しかし、準優勝戦や決勝戦などは皆んな勝ち上がってきた選手なので、弱い選手が入ると言う事はありません。
あくまで予選や一般戦に限ってのお話しです。

そして、競輪ファンの間では4、6、8の車券をヨーロッパ車券と呼ばれています。
では次に4、6、8は車券にどれくらい絡んでくるのかをお話ししたいと思います。

車番4、6、8は穴になるのか?

では車番の4、6、8の選手は穴になるのでしょうか?
私は充分穴になり得る車番だと思います。

実際に44%ほどは4、6、8が絡むレースでの平均配当も6万円ほどになっているので、積極的に狙っていくのもいいと思います。
では次にどのようにして4、6、8、を絡めていけばいいのかをお話ししたいと思います。

車番の4、6、8を絡める為の展開予想

では穴になる為に4、6、8をどのように絡めるのかをお話ししていきます。
まず競輪にはラインと呼ばれる物がありこのラインは出走表などの並び予想で確認出来ます。
そのラインの先頭を走る自力選手を見ていきます。
その選手が逃げるのか、捲るのかをまず決まり手で見ていきましょう。
そして、その選手の得点を見ると力が分かりますので、その2点を使って展開予想しましょう。

展開予想やラインの強弱の見極めるのは、先ほどお話ししたラインの先頭選手の強弱をどのように見極めるのか、勿論競争得点で見極めるのかも大事ですし、近況の成績で見極めるのも大事になってきます。
自力選手が強いと番手の選手も生きてきます。
ただ得点率が離れすぎていると番手がつけ切れずという事も起こるので、バランスをしっかり見ていきましょう。

最後に買う側が自分のいいように考える。

今まで色々話してきましたが、出走表を見て、得点率上位のラインからと予想していくとやはり本命サイドの予想になってしまいます。

そういう時は別ラインから狙う得点率が離れすぎているラインを狙うのは無謀ですが、少しの得点差なら展開次第で本命ラインが破れる事はよくある事です。

いかに自分のいいように予想できるかですので少しでも自分のいいように予想してみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか。
競輪を始めた初心者の方など、競輪は9車もあるしどれが来るかよくわからないと言う方も少しは4、6、8の車番についてわかっていただけたと思います。

積極的に4、6、8を狙えば大きな配当になる事もあります。
そして、今まで避けてきた長年の競輪ファンの方も今後は積極的に狙ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

アップロードできる画像は、JPEG・JPG・GIF・PNG形式です。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)