小林優香選手と橋本英也選手

オリンピック代表小林優香選手と橋本英也選手

今回は先日行われた東京オリンピックの自転車競技に日本代表として出場した小林選手と橋本選手について詳しくお話ししていきたいと思います。

同じく日本代表の脇本選手と新田選手については以前記事にしたので、以前の記事をお読み下さい。

小林優香選手とは

まずガールズ競輪で活躍されている小林選手をご紹介していきたいと思います。
ガールズ競輪でもいい成績を残されており、ガールズ競輪を牽引している小林選手ですがどのような選手なのでしょうか、ご説明していきます。

プロフィール

生年月日:1994年1月18日
年齢;27歳
身長:164cm
体重;64.7kg
所属支部:福岡
ホームバンク:久留米

自転車競技での成績

2014年JapanTruckCupUCIクラス1ケイリン1位
2014年JapanTruckCup2UCIクラス1ケイリン1位
第68回国民体育大会チームスプリント1位
第68回国民体育大会500m1位
2014年 ガールズケイリンフェスティバル優勝
2015年 ガールズケイリンフェスティバル優勝
2015年 ガールズグランプリ優勝

競輪選手としての歴史

2014年、5月16日の岸和田競輪場でデビュー戦を迎え、2着の増茂るるこに6車身の差をつけて勝利。
その後も連勝街道を続け、出走した岸和田、京王閣、松山、名古屋の各競輪場では全て完全優勝。
同年7月18日に行われた青森での一戦に勝利し、石井寛子と並んでいたデビュー以来の無敗記録を更新する13連勝を樹立。
さらに19日、そして決勝戦が行われた20日も勝利し、加瀬加奈子と並ぶ15連勝をマークした。
その後もすごい活躍をそて、現在もガールズ競輪を引っ張る強豪選手として活躍している

東京オリンピックでの成績

2021年8月、東京オリンピック自転車トラック女子ケイリン準々決勝では6着に終わった。
また女子スプリントでは予選の200mタイムトライアルで10秒711の日本新をマークし、1回戦を敗者復活戦で勝ち進んだが、2回戦の敗者復活戦で敗退した。

橋本英也選手とは

では続いて、男子競輪選手の橋本選手についてご紹介していきたいと思います。

プロフィール

生年月日:1993年12月15日
年齢:27歳
身長:180cm
体重:77.0kg
所属支部:岐阜
ホームバンク:大垣

自転車競技での成績

2014アジア大会オムニアム優勝
2017ワールドカップ4戦オムニアム2位
2018世界選手権トラックオムニアム10位
2018アジア大会オムニアム優勝
2019世界選手権トラックオムニアム7位
2020ワールドカップ5戦 3位
2017~2019アジア選手権オムニアム優勝
2020世界選手権トラックオムニアム11位

競輪選手としての歴史

2018年7月11日に競輪選手として四日市競輪場でデビュー競輪ではA級に所属しています。
自転車競技での橋本英也選手は、4つのトラック種目で争う複合種目のオムニアムが得意で、この種目で2017年W杯で2位。2018年のアジア大会では オムニアムで2連覇を達成した。

東京オリンピックでの成績

東京オリンピック、自転車男子オムニアムで、オリンピック初出場の橋本英也選手は合計54ポイントで15位でした。

まとめ

以前脇谷選手、新田の両選手をご紹介しましたが、今回は小林選手と橋本選手の両名をご紹介しました。
オリンピックで4名ともメダル獲得とはならなかったですが、次のオリンピックではメダル獲得を目指してほしいものです。
なかなかオリンピックでの自転車競技は地上波での放送はないですが、今はネットでも観戦できるので次のオリンピックではメダル獲得するレースを皆さんで観戦しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

アップロードできる画像は、JPEG・JPG・GIF・PNG形式です。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)