立川競輪場 KEIRINグランプリ2019 初日結果

競輪結果

【1R】

1. 小川  巧(岡山)  57

2. 吉田 茂生(岐阜)  98

3. 磯田  旭(栃木)  96

4. 隅田 洋介(栃木)  107

5. 坂上 樹大(石川)  80

6. 守安 政雄(岡山)  94

7. 倉野隆太郎(三重)  91

8. 宮下 貴之(埼玉)  81

9. 三登 誉哲(広島)  100

【並び】9.1.6.    2.5.7.     4.3.8.

打鐘後に隅田が主導権を握って先行策、残り1周のバックから吉田が捲りにいきますが、隅田の番手の磯田が吉田に合わせるように、番手捲り敢行。
そのまま最終コーナー回って1着ゴール、2着は坂上が入り、3着には三登が入りました。

【2R】

1. 小林 大介(群馬)  79

2. 太刀川一成(千葉)  100

3. 木村 幸希(広島)  109

4. 竹内 公亮(岐阜)  86

5. 青井 賢治(徳島)  81

6. 坂木田雄介(千葉)  78

7. 長島 大介(栃木)  96

8. 谷口 明正(三重)  103

9. 長田 祐弥(神奈川)  87

【並び】7.1.     6.2.9.     3.5.     8.4.

打鐘後から、坂木田が先行しますが、谷口が、後ろから前を目指して上がってきます。
坂木田がつぱり先行で谷口は少し浮いてしまいます。
最終バックで、長島が捲りにきて、そのまま飲み込んでいきトップに、最後は長島の番手を走ってた小林が差し切って1着。
2着は差された長島が入り、3着には青井が入りました。

【3R】

1. 岡部 芳幸(福島)  66

2. 大薗  宏(茨城)  71

3. 川村 晃司(京都)  85

4. 増田 鉄男(徳島)  74

5. 坂本 周輝(青森)  100

6. 菅谷 隆司(東京)  96

7. 北野 武史(石川)  78

8. 守谷 陽介(岡山)  87

9. 永澤  剛(青森)  91

【並び】6.2.    5.9.1.     3.7.     8.4.

坂本が打鐘後の残り1周半から逃げていき、残り1周で8番の守谷が捲ってきますが、番手の永澤がいい仕事をして、守谷は失速そのまま坂本が主導権を握り逃げていきます。
最後は川村がすごいスピードで捲ってきてラインごと抜け出し、1着と2着確保、3着に坂本が入りました。

【4R】

1. 松崎 貴久(富山)  82

2. 上原  龍(長野)  92

3. 戸田 洋平(岡山)  95

4. 三上 佳孝(千葉)  88

5. 取鳥 雄吾(岡山)  107

6. 吉原 友彦(神奈川)  83

7. 関  貴之(茨城)  93

8. 谷口 遼平(三重)  103

9. 藤原  浩(高知)  87

【並び】5.3.9.     8.1.     6.     2.7.     4.

打鐘後に谷口が先行策で逃げていきます。
残り1周のバックストレッチから取鳥が捲っていき、そのまま捲り切ってそのまま1着でゴール。
2着は番手の戸田が入り、3着は谷口の番手の松崎が入りました。

【5R】

1. 松尾信太郎(福岡)  92

2. 片折 亮太(埼玉)  92

3. 飯野 祐太(福島)  90

4. 真崎新太郎(栃木)  85

5. 林  大悟(福岡)  109

6. 伊藤 大彦(徳島)  89

7. 佐藤 和也(青森)  95

8. 田村 真広(群馬)  83

9. 内藤 宣彦(秋田)  67

【並び】3.9.7.    5.1.6.    2.4.8.

片折が打鐘から逃げて先行策。
そのまま最終周回からゴールまで逃げ切るかと思いましたが、最後は飯野が外から差し切って1着ゴール。
2着は番手の内藤、3着は真崎が入りました。

【6R】

1. 近藤 夏樹(千葉)  97

2. 阿竹 智史(徳島)  90

3. 須永 優太(福島)  94

4. 原田  礼(福岡)  90

5. 白戸淳太郎(神奈川)   74

6. 小泉 俊也(岩手)  77

7. 吉武信太朗(愛媛)  107

8. 平田  徹(静岡)  78

9. 渡辺 正光(福島)  95

【並び】1.5.8.    7.2.4.    9.6.3.

吉武が主導権を握って逃げていきますが、残り半周になった所で力尽きてしまい、番手の阿竹が番手捲り、そのまま続いた原田とワンツーフィニッシュ。
3着は最後追い込んだ近藤が入りました。

【7R】

1. 松村 友和(大阪)  88

2. 山田 幸司(神奈川)  78

3. 坂本  毅(秋田)  77

4. 開坂 秀明(青森)  79

5. 大塚 英伸(静岡)  82

6. 堀  兼壽(岐阜)  105

7. 大石 剣士(静岡)  109

8. 後藤 彰仁(岐阜)  92

9. 畑段 嵐士(京都)  105

【並び】9.1.3.     7.5.2.     4.      6.8.

大石が主導権握って逃げを決めていきますが、最終の3コーナーあたりで大石と大塚の連携が少し外れた内側から畑段がスルスルと上がってきて、そのまま1着でゴール。
2着は山田が入り、3着は、大塚が入りました。

【8R】

1. 北津留 翼(福岡)  90

2. 藤田 勝也(和歌山)  94

3. 五十嵐 力(神奈川)  87

4. 荻野  哲(神奈川)  75

5. 西川 親幸(熊本)  57

6. 郡  英治(広島)  68

7. 染谷 幸喜(千葉)  111

8. 三槻 智清(佐賀)  80

9. 佐藤  亙(愛知)  85

【並び】1.5.8.   2.9.    6.     7.3.4.

2番の藤田が逃げていきますが、九州ラインの捲りが決まり、先頭の北都留がそのまま1着でゴール。
2着も番手の西川が入り、3着には五十嵐が入りました。

【9R】

1. 岡田 征陽(東京)  85

2. 佐野 梅一(京都)  78

3. 山口 貴弘(佐賀)  92

4. 野口 大誠(熊本)  105

5. 栗山 俊介(奈良)  103

6. 川上 真吾(東京)  98

7. 山口 貴嗣(福岡)  82

8. 三浦 稔希(愛知)  76

9. 植原 琢也(埼玉)  113

【並び】4.3.7.    9.1.6.     5.2.8.

残り1周から植原が渾身の先行策、番手の岡田を連れて逃げていきます。
そこに5番の栗山がスルスルと内をつたって上がってきます。
番手の岡田をどかして、最後は植原を捉えきれず2着、1着は逃げた 植原、3着は佐野が入りました。

【10R】S級初日特選

1. 渡邉 雄太(静岡)  105

2. 鈴木 竜士(茨城)  107

3. 稲毛 健太(和歌山)  97

4. 岡村  潤(静岡)  86

5. 園田  匠(福岡)  87

6. 不破 将登(岐阜)  94

7. 鈴木  裕(千葉)  92

8. 大塚  玲(神奈川)  89

9. 渡部 哲男(愛媛)  84

【並び】2.9.    1.4.7.8.     3.5.    6.

ラインが長い南関東ラインが風を切って逃げる展開に。
最終3コーナーあたりから鈴木が捲り上げますが先頭までは届かず。
最後渡邊の番手の、岡村と鈴木の1着争いは、鈴木に軍配、岡村は2着、3着は最後捲った鈴木が入りました。

【11R】

1. 梅川 風子(東京)  112

2. 小林 優香(福岡)  106

3. 児玉 碧衣(福岡)  108

4. 石井 寛子(東京)  104

5. 石井 貴子(千葉)  106

6. 佐藤 水菜(神奈)  114

7. 奥井  迪(東京)  106

【並び】6.    1.     3.     4.    2.    5.    7. 奥井が先頭で逃げていきます。
その後ろに石井寛子がつけて、梅川は車間を開けて後ろを警戒します。
残り1周になっても1本棒の体制変わらず最後方から5番の石井貴子が追走する体型で最終バックからは一斉に前へ、つ込んでいき、梅川と石井が落車、内をつたって上がってきた児玉が去年と今年ガールズグランプリ連覇達成しました。
2着は、最後方からレースをした石井貴 子が小林をかわして2着、3着は2番の小林が入りました。

口コミを書く

不適切な投稿対策のため、ご投稿頂いた口コミは管理者確認の後に反映いたします。 また、連続投稿・過度に薄い内容・誹謗中傷等は掲載を見送る場合がございます。

アップロードできる画像は、JPEG・JPG・GIF・PNG形式です。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)