競輪選手、吉岡稔真伝説

競輪コラム

競輪界において伝説になる人物が何人かいますが、以前書いた中野浩一もその一人です。
今回も競輪界のレジェンド伝説をお伝えしたいと思います。
今回は競輪の記録を打ち立てたり、中野浩一の後継者として期待された、『吉岡稔真さん』について書いて行きたいと思います。

吉岡稔真とは

では、吉岡稔真選手とはどういう選手だったのでしょうか、ざっと戦績や大まかな経歴などご紹介したいと思います。

プロフィール
・生年月日:1970年6月15日
・出身地:福岡県
・デビュー:1990年4月7日
・初勝利:1990/5/27

主なタイトル
1992年
 日本選手権競輪(前橋競輪場)
 競輪祭競輪王戦(小倉競輪場)
 KEIRINグランプリ’92(平塚競輪場)
1993年
 競輪祭競輪王戦(小倉競輪場)
1994年
 寛仁親王牌(前橋競輪場)
 競輪祭競輪王戦(小倉競輪場)
1995年
 KEIRINグランプリ’95(立川競輪場)
1996年
 日本選手権競輪(千葉競輪場)
 高松宮杯競輪(大津びわこ競輪場)
1997年
 高松宮杯競輪(大津びわこ競輪場)
1998年
 日本選手権競輪(西武園競輪場)
1999年
 全日本選抜競輪(大垣競輪場)
2006年
 日本選手権競輪(立川競輪場)

・引退 2007/1/12
ざっと書きましたが、輝かしい成績を収めている選手です。

競輪デビュー

吉岡稔真は、豊国学園高校卒業後に日本競輪学校に入学、競走成績2位で卒業します。
初出走したのは1990年4月7日の小倉競輪です。
デビューしてからはそこまで頭角を現さなかったのですが、元々内蔵疾患があったのですが、それが完治してからは、快進撃が続き、S級へ特進するまでになりました。

競走スタイル

吉岡の競走スタイルは、赤板から先行するスタイルでした。
今の競輪は赤板の2コーナーまでは先頭誘導員を追い越してはいけないのですが、その当時はそのルールが無かった為吉岡は赤板先するスタイルで戦い続けました。
その先行スタイルを当時流行っていたF1から「F1先行」と言われた。かの有名な中野浩一の後継者としても注目されるようになっていきました。

S級18連勝

吉岡稔真の伝説でまず思い出されるのが、S級での18連勝ではないでしょうか。
当時滝沢正光が持っていた16連勝が最高記録でしたが、年明けの和歌山競輪から始まった連勝は、3月の伊藤温泉記念の決勝を勝ち、18連勝の大記録を作り上げました。
6場所連続で完全優勝を成し遂げました。

1995年KEIRINグランプリ

この年のグランプリは、東西の横綱対決で注目を集めました。

東横綱、神山雄一郎と西の横綱、吉岡稔真の対決その他にも滝沢正光や井上茂徳などが出場してましたが、神山と吉岡の対決に注目が集まり、最終バックまでは神山が先頭でしたが、さいごの最後に捲ってきた吉岡が神山を差し切って、年末最後の大勝負は吉岡に軍配が上がりました。

引退後

2007年と若くで引退した吉岡ですが、落車などの後遺症もあり、このままではS級でやっていけないと思い、年齢的には早く引退する事になった吉岡ですが、引退後からは、スポーツニッポンの解説やSPEEDチャンネルの解説者として活躍されております。

そして全国各地を講演会で訪れ、競輪の普及に努められております。
それと同時に競輪選手の練習サークル不動會を作られて後輩選手の指導も行っております。
主な在籍選手としては、渡部哲男、大塚健一郎、園田匠などがおられます。2007年からは小倉競輪で、吉岡の功績をたたえ、「吉岡稔真カップ」を開催するようにしている。

まとめ
吉岡稔真選手は数々の伝説を残してきた、当時の競輪界のスピードスターなのです。
中野浩一選手も凄いですが、吉岡選手も当時は物凄く強い選手でした。
もちろん今の競輪も面白いのですが、昔の競輪もそれはそれで良かったですね。

口コミを書く

不適切な投稿対策のため、ご投稿頂いた口コミは管理者確認の後に反映いたします。 また、連続投稿・過度に薄い内容・誹謗中傷等は掲載を見送る場合がございます。

アップロードできる画像は、JPEG・JPG・GIF・PNG形式です。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)