ベイサイドナイトドリーム展望

6/6〜6/9まで四日市競輪で開催されるG3「ベイサイドナイトドリーム」

主な出場選手は、地元愛知からは近藤龍徳を筆頭に笠松信幸、岡本総、吉田健市、北野良栄が出場します。

遠征勢からは徳島の阿竹智史、愛媛の松本貴治、和歌山の西岡正一などが参戦します。

ガールズの注目選手は児玉碧衣、石井寛子、梅川風子、尾崎睦などが参戦します。

簡単に四日市競輪の特徴を紹介すると、400バンクでクセがなく、標準的なバンクで走路の幅も広いので捲り、追い込みなどが決まりやすいです。

平成9年の改修工事で、コーナー部分が短くなり直線が62.4メートルと長くなったので、先行は不利なので番手や3番手でも、最終脚が溜まっていれば逆転もありそうです。

初日の特選競争でも、注目選手の阿竹選手が松本選手の番手になると思いますので、差しきりが最有力だと思います。

6/13からは岸和田競輪でG1高松宮杯が開催されるのでビッグネームの出場はないですが若手からベテランやガールズ注目選手は多数出場しますので本場に行かれる方もネットやテレビで観戦される方もそれぞれの楽しみ方があると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

アップロードできる画像は、JPEG・JPG・GIF・PNG形式です。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)